SponsoredLink

多汗症に有効な手術治療

多汗症の悩みを抱えている人は、意外に多いと言われています。足や頭部、顔、脇など、多汗症の症状が出る部位は様々ですが、中でも一番多いのが掌の多汗症です。


その掌の多汗症に特に確実な効果を出すことのできる多汗症の治療法として、胸腔鏡下胸部交感神経節切除術(ETS)という手術があります。この手術は、脇や顔、頭部の多汗症にも効果がありますが、掌の多汗症においては特効薬ともいえる治療法です。


ETSという多汗症手術は、交感神経節の働きを抑える処置を施す手術です。脇の下に数ミリ程度の皮膚切開をしますが、手術の後はほとんど残りません。この多汗症手術は、手術自体の時間は平均13分程度、麻酔の時間を入れても30分程度で済みます。


また、ETSという多汗症手術は日帰りで受けることが可能で、手術を受けた後は、翌日からシャワーも浴びれるし、3日後からは通常通りの入浴も可能となります。術後の通院も通常であれば不要です。


術後の経過観察が大切ではありますが、短時間で受けられる多汗症の手術、ETS。1996年からは保険適応にもなっていますので、多汗症の悩みをお持ちの方は、多汗症治療のひとつの選択肢として考えてみてはいかがでしょうか。

多汗症の様々な治療法

多汗症の治療法は、実にいろいろな治療方法があります。多汗症の症状の重さ、また多汗症の原因によって、どの多汗症治療法が有効なのかは差があるようです。


精神的な要因で多汗症になった場合に用いられるのが心理療法。この多汗症治療法は、主にカウンセリングによるものです。薬などを併用することもありますが、心理療法だけで多汗症の症状が軽減されたり、多汗症が治癒してしまうこともあります。


イオントフォレーシス治療は、多汗症の部位に弱い電流を流すことで発汗を抑えるという治療法です。この多汗症治療法は、必ずしも医師の受診も必要なく、自分で機器を購入して自宅で多汗症治療をすることができます。しかし、治療を中止すると多汗症が再発することも多いようです。


多汗症を完全に治す場合には、多汗症手術という選択肢もあります。多汗症手術自体は短時間で済み、普通の生活には支障がなく、手術跡もほとんどわかりません。ただし、反射性発汗という副作用が起こることもあり、術後の経過観察が大切で、多汗症が完治するには1年近くという長い時間がかかります。


また、多汗症治療として漢方薬を飲むという方法もあります。精神的な要因が強い多汗症であれば、効果は期待できます。ただし、誰にでも必ず効果があるというわけではなく、漢方薬はゆるやかに効果が出るものなので、長期的に続けていく必要があります。


他にも、外用薬や内服薬など…多汗症の治療法は、本当にたくさんあります。多汗症の悩みがあるなら、一度多汗症専門の病院で相談してみると、自分にあった多汗症治療法が見つかると思いますよ。

多汗症だったら、手術を受けるべき?

多汗症になってしまったらどうしますか?軽度の症状の多汗症ならまだしも、重度の多汗症となると、その症状は日常生活にも支障をきたすほど。とにかく、多汗症の治療をしないことには、始まりませんよね。


多汗症の治療法として、多汗症手術があります。多汗症を完全に治すと考えれば、多汗症手術を受けることが一番確実な多汗症治療法かもしれません。多汗症手術は短時間で済み、手術の傷跡もほとんど残りません。


しかし、多汗症だからといってすぐに手術を受けるべきでしょうか?多汗症の原因は、精神的なものが大半とは言われていますが、多岐に渡ります。それぞれの多汗症の原因にあった多汗症の治療法を、まずは考えてみることが必要なのです。


例えば、精神的な問題が多汗症の原因である場合、精神療法で多汗症が治ることもあります。多汗症の外用薬や内服薬などで治療して、多汗症の症状が治まることもあります。あくまでも、多汗症手術は最後の手段として考えるべきでしょう。


まずは、多汗症の原因は何なのか?多汗症手術以外に、多汗症を治療する方法はないのか?を見極めることが大切です。その上で、多汗症手術という選択をするのであれば、しっかりとした多汗症に関する知識をもった病院で、納得いくまで相談するのがよいと思います。


多汗症手術を受けないにしろ、受けるにしろ、後悔しない多汗症治療法を選択したいものですね。