SponsoredLink

多汗症の様々な治療法

多汗症の治療法は、実にいろいろな治療方法があります。多汗症の症状の重さ、また多汗症の原因によって、どの多汗症治療法が有効なのかは差があるようです。


精神的な要因で多汗症になった場合に用いられるのが心理療法。この多汗症治療法は、主にカウンセリングによるものです。薬などを併用することもありますが、心理療法だけで多汗症の症状が軽減されたり、多汗症が治癒してしまうこともあります。


イオントフォレーシス治療は、多汗症の部位に弱い電流を流すことで発汗を抑えるという治療法です。この多汗症治療法は、必ずしも医師の受診も必要なく、自分で機器を購入して自宅で多汗症治療をすることができます。しかし、治療を中止すると多汗症が再発することも多いようです。


多汗症を完全に治す場合には、多汗症手術という選択肢もあります。多汗症手術自体は短時間で済み、普通の生活には支障がなく、手術跡もほとんどわかりません。ただし、反射性発汗という副作用が起こることもあり、術後の経過観察が大切で、多汗症が完治するには1年近くという長い時間がかかります。


また、多汗症治療として漢方薬を飲むという方法もあります。精神的な要因が強い多汗症であれば、効果は期待できます。ただし、誰にでも必ず効果があるというわけではなく、漢方薬はゆるやかに効果が出るものなので、長期的に続けていく必要があります。


他にも、外用薬や内服薬など…多汗症の治療法は、本当にたくさんあります。多汗症の悩みがあるなら、一度多汗症専門の病院で相談してみると、自分にあった多汗症治療法が見つかると思いますよ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5963125
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック